Blog&column
ブログ・コラム

「タイル工事」コテの種類

query_builder 2022/09/15
コラム
44
タイル工事でも使用するコテですが、コテには様々な種類があるんです。
今回は、そんなコテの種類について紹介したいと思います。

▼コテについて
コテとは、壁や床などにコンクリートや漆喰などを塗るための道具です。
コテがあるのとないのでは、大きな差がでます。

■種類
コテの種類を見ていきたいと思います。

【仕上げコテ】
仕上げ用に使用するコテです。
最後の工程で使用するコテは薄くて軽いのが特徴で、ステンレスで錆びにくいためお手入れも簡単です。

【角コテ】
・広い面積の場所や抑え仕上げの時などに使用
・丈夫で使いやすい

【レンガコテ】
・ブロックやレンガなどを積む作業で使用
・桃型の形が特徴で、モルタルをすくったりのせたりするのに便利

【目地コテ】
・タイルやレンガなど施工した際の仕上げで使用
・使用することで均等な目地を作ることができ、目地の大きさによってサイズも使い分けが可能

【ゴムコテ】
・タイルの目地にセメントを詰め込む際に使用
・傷がつきやすいタイルは、ゴムでできたタイプがおすすめ

【くし目コテ】
・接着剤やモルタルをタイル地につける時や模様付けに使用
・くしコテのコテの山と谷の部分を上手く利用し、均等になじませることができる

▼まとめ
コテには色々な種類があり、用途によって使い分けます。
道具は職人にとって、とても大切な物なのです。
株式会社Trustでは、タイル工事のノウハウを横浜・都内を中心としたエリアで働きながら学ぶことができる職場です。
興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 「タイル工事」コテの種類

    query_builder 2022/09/15
  • 「スキルアップ」転職で成功させるには

    query_builder 2022/09/01
  • 斫り工事のやり方

    query_builder 2022/08/15
  • 建築業界は異業種からの転職OK?

    query_builder 2022/08/01
  • 斫り工事における注意点について

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE