Blog&column
ブログ・コラム

内装工事の内容とは?主な種類を紹介

query_builder 2022/02/15
コラム
27
建築に関わる工事の1つに「内装工事」があります。
聞いたことのある人は多いと思いますが、どのような意味なのか理解できていますか?
当記事では、内装工事の内容と種類について紹介します。

▼内装工事とはどんな内容?
内装工事とは、完成した建物内部に施す工事のことを指します。
会社によっては「内装仕上工事」と呼ぶこともあり、壁・天井・床など室内を構成する部分の仕上げを行います。
また照明器具や電気設備、給排水配管の工事をまとめて内装工事と言われることもあるので、言葉の意味はかなり広いのが特徴ですね。

▼内装工事にはどんな種類がある?
■軽鉄工事
軽量鉄骨で骨組みを作る工事です。
重量鉄骨に比べて耐火性能や防湿性に優れ、コスパも良いことから多くの建設で利用されています。

■ボード工事
木材や軽量鉄骨で組まれた下地の上に、石膏ボードを張り付ける工事です。

■クロス工事
ボード工事で貼り付けた石膏ボードの上に、壁紙を貼る工事です。
最近は壁紙の種類が増えており、シックなものから華やかなものまでバラエティ豊かになっています。

■塗装工事
壁・天井・床に塗装を施す工事です。
ホコリの付着や下地の腐食を防ぐために必要ですが、全体にムラがないように塗っていかなければならず、求められる技術が高いのが特徴です。

■左官工事
モルタルや漆喰をコテで塗る仕上げ工事です。
塗る素材は多岐にわたりますので、素材の性質を理解した職人が必要です。

■床仕上げ工事
最後の仕上げとして、床材を貼り付けていく工事です。

▼まとめ
内装工事は、細かく見ると色々な種類の工事があり、建物をさらに良いものにするために大切な仕上げ作業になります。
最後まで手を抜かずに、内装工事にもこだわりたいですね。

弊社では、高品質なタイル工事・内装工事に携わっていただける職人を募集しています。
やりがいを感じることができる仕事ですので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • タイル工事で使用するくし目コテとは

    query_builder 2022/11/03
  • タイル工事で必要なスポンジとは

    query_builder 2022/10/01
  • 「タイル工事」コテの種類

    query_builder 2022/09/15
  • 「スキルアップ」転職で成功させるには

    query_builder 2022/09/01
  • 斫り工事のやり方

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE