Blog&column
ブログ・コラム

タイル工事は雨でも可能?

query_builder 2021/10/25
コラム
7
タイル工事は雨が降っていても施工できるのでしょうか?
今回はタイル工事と雨の関係について解説していきます。

▼下地が露出すると雨漏りにつながる
外壁のタイルが剥がれ、下地が露出した場合は補修が必要です。
いくらタイル自体の耐久性が高くても、下地に使われているモルタルは雨に弱いです。

またモルタルの、さらに下地として使われるコンクリートも雨に弱いです。
アルカリ性のコンクリートは雨の水分で中性化し、表面がボロボロになってきます。
よってタイルが剥がれた部分から雨が侵入する恐れがある場合は、なるべく早く補修したほうが良いでしょう。

▼雨の日の打設はNG
外壁工事を行う際は、地域や季節によっても工期が変わってきます。
雨や雪の多い時期は施工のクオリティが下がる恐れがあるので、注意して工事を行う必要があります。

タイルを貼る前のモルタルやコンクリートの品質は、含有している水との比率が重要です。
水分を多く含んでしまうとコンクリートやモルタルの強度が下がり、仕上がりの見た目も良くありません。
またモルタルを施工する際に雨が降っていると、モルタルが流れされてしまう恐れもあります。

▼まとめ
モルタルやコンクリートは雨に弱いです。
上手くタイル工事を行うには天候に左右されないように、工期に余裕を持つことが大切です。
横浜市にある株式会社Trustでは、タイル職人を募集しております。
「タイル工事に興味がある」「専門分野で職人になりたい」という方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 斫り工事とはどんな工事?

    query_builder 2022/05/15
  • 斫り工事とは?騒音を防ぐ方法は?

    query_builder 2022/05/01
  • 電動ハンマーの種類・選び方を解説

    query_builder 2022/04/15
  • 電動ハンマーはどんな工具?使い方を解説

    query_builder 2022/04/01
  • 作業靴のおすすめの選び方

    query_builder 2022/03/22

CATEGORY

ARCHIVE