Blog&column
ブログ・コラム

タイル工事とは?

query_builder 2021/10/09
コラム
3
今回の記事では、タイル工事とは何かを解説していきます。

▼タイル工事とは
タイル工事とは、壁や床にタイルを貼る工事を意味します。
キッチンや浴室、外壁にタイルを施すのが一般的です。

▼タイル工事の必要性
タイルには、建物を劣化から保護する役割があります。
タイルは水にも強く他の建材よりも丈夫です。
また耐用年数が長いという特徴から、建物の外壁で使われることが多いです。
ただしタイル自体は丈夫でも、下地のモルタルが劣化してタイルが剥がれるケースがあります。
外壁に施したタイルが落下すると人身事故が起こる可能性があるので、定期的な点検が必要です。

▼タイル工事の種類
タイル工事には「湿式工法」と「乾式工法」の2種類があります。

■湿式工法
湿式工法とは、モルタルの下地の上にタイルを貼っていく工法です。
湿式工法では、1枚1枚タイルを貼り付けていくので、職人の腕が問われます。
技術力や経験の浅い職人が行うと、建物の耐久性が落ちてしまいます。

■乾式工法
乾式工法とは、専用の接着剤を使ってタイルを貼っていく工法を意味します。
湿式工法に比べてスピーディに施工できるので、現在は乾式工法が多く使われています。

▼まとめ
タイルには陶器製や磁器製など、さまざま種類、デザインがあります。
横浜市にある株式会社Trustでは、タイル職人を募集しております。
未経験者でも丁寧に指導いたしますので、「建築の仕事に関わりたい」「手に職を付けたい」という方は、ぜひお気軽にご応募ください。

NEW

  • DIYでのタイルの切り方

    query_builder 2021/12/01
  • タイルの張り方は?

    query_builder 2021/11/28
  • 資格取得支援制度とは?

    query_builder 2021/11/25
  • DIYのタイル工事で使う道具は?

    query_builder 2021/11/21
  • タイル工事の仕事のやりがいは?

    query_builder 2021/11/17

CATEGORY

ARCHIVE